東濃急行5000形

5000形.png
←大曽根 5000(Tc)+5050(M)+5150(M')+5050(M)+5150(M')+5100(Tc) 多治見→


活躍年 駆動方式 主電動機出力 歯車比 最高速度
1982年~現在 WN駆動 95kW/h 5.6 100km/h
制御方式   ブレーキ方式 台車  
AVF電機子チョッパ 1C8M HRD-R 軸箱支持:軸箱守式 枕ばね:ダイレクトマウント方式空気ばね

目的

 1971年の名城線大曽根開業と、それに伴う東濃急行の列車の都心乗り入れにより、東濃急行の沿線は宅地開発が急ピッチで進みました。また、1973年にはオイルショックが発生し、乗客は急増します。また、1970年代は国鉄の値上げとストライキも多発した時期であったため、東濃急行の乗客はますます増えて行きました。1973年に名城線乗り入れ列車に関しては5両編成化されます。しかし、その後も乗客は増え続け、1980年についに名城線乗り入れ列車の6両編成化が検討されるようになりました。そこで、栄駅までの各駅ホームを6両対応化することと、6両編成化することによる所要車輌増が必要となったのです。また、ラッシュ時専用車として旧型車の機器類を流用して製造した900形がその意に反して昼間時の東濃急行線内完結の準急に頻繁に使用されていることがサービスダウンであると問題視されていたことから、900形の昼間時運用を止めることも求められていました。そこで、名城線乗り入れに特化した新車を投入することにより、名城線乗り入れのための所要車輌を満たすことと、900形の昼間時運用を3200形で置換えることが決定されました。そうして、1982年に登場した車輌が5000形です。

  • 最終更新:2014-12-04 21:32:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード