えびれいる

えびれいる.png

はじめに

伊勢電気鉄道――現在の近鉄名古屋線の基礎を築いた私鉄である。元は四日市と津を結ぶことを目的として明治44年に設立、大正4年から大正13年にかけて建設された伊勢鉄道がことの始まりであり、当初は豆汽車がマッチ箱のような客車を牽引して、伊勢平野をトコトコと走る典型的な局地鉄道であった。大正14年に熊沢一衛氏が社長に就任すると、大正15年に社名を伊勢電気鉄道と改名し、電化をした上で高速電車に突如生まれ変わった。それ以降、積極的な路線拡張を開始し、昭和5年に北は桑名へ、南は大神宮下(伊勢)へと路線を延長する。また、昭和4年に養老電気鉄道を吸収し、岐阜県内にも進出する。しかし、無理な投資や五私鉄疑獄事件の発覚、世界恐慌の影響により、経営難に陥る。その頃、名古屋進出を企てていた参宮急行電鉄(現在の近鉄大阪線の一部)により昭和11年に吸収合併され、伊勢電気鉄道は消滅した。

史実ではこんな感じです。しかしながら、ここでは史実から外れ、名古屋延長を果たし、現在にまで至る伊勢電の姿を想像していきたいと思います。という訳で、現実との相違点を幾つか列挙しておきます。

・伊勢電は現在まで生き残ります。
・伊勢電本線は名古屋延長を果たし、養老線も岐阜延長を果たしています。
・近鉄は名阪連絡を果たすことが出来ませんでした。
・名阪直通をする意味が無いので、伊勢湾台風襲来後も標準軌に改軌することなく、狭軌のままです。
・三重電気鉄道は昭和40年に伊勢電に併合されますが、志摩線は近鉄となり、鳥羽線~志摩線となります。

こんなことを書くのも馬鹿馬鹿しいくらいですが、一応お約束として書いておきますと、この鉄道は存在しません。フィクションです。私の妄想です。
実在の企業・団体とは全くの無関係です。

路線と運転

路線図

 路線図と各種別の停車駅の案内。

車輌概説


その他


  • 最終更新:2014-11-12 02:08:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード